市田柿

協議会について
事業内容
市田柿ブランド推進協議会は、こんな活動をしています。
栽培・防除・加工研修会の開催
 病害虫防除の徹底や、栽培・加工技術の向上を図るため、年数回の研修会を開催しています。
 生産意欲は高く、大勢の生産者が集まります。
防除研修会(休眠期の害虫防除)
防除研修会(休眠期の害虫防除)
栽培・加工技術研修会
栽培・加工技術研修会

原料柿の適期収穫推進
 おいしい干し柿作りの基本は、糖度が十分にのった適熟の果実を加工することです。このため、糖度が低い未熟果を加工することがないよう(屈折糖度形値20%以上目標)、収穫時期が近づくと毎週原料柿の品質調査を行い、この結果に基づいて成熟期情報を生産者に提供しています。
標高別に果実の品質調査を行って、成熟状況を確かめています。
標高別に果実の品質調査を行って、成熟状況を確かめています。
よい干し柿を作るため、ヘタ下まで橙色になった適熟の果実を原料にします。未熟な果実は品質が劣るため加工しません。
よい干し柿を作るため、ヘタ下まで橙色になった適熟の果実を原料にします。未熟な果実は品質が劣るため加工しません。

衛生管理マニュアル、加工施設・加工工程のチェック表の作成配布
 毎年、衛生管理マニュアルとチェック表作成して、全生産者に配布をしています。これに基づき産地全体で、衛生的な加工が実践されています。
新技術の導入
 伝統の加工技術を大切にしつつ、より品質の向上を目指し、新たな技術開発にも取り組んでいます。栽培技術や災害対応技術などは、南信農業試験場や下伊那農業改良普及センターを中心に、関係機関も連携して現地調査などを実施して技術確立が図られます。
粗皮削り現地実証試験の様子
粗皮削り現地実証試験の様子
現地調査の様子
現地調査の様子

脱針式皮むき機
脱針式皮むき機
脱針式皮むき機の普及
「市田柿」は100g前後の小さな柿なので、皮むきは、長い針を果実に刺し固定する方法でしか皮むきができませんでした。しかし、近年関係者の努力により、針を使用しない皮むきが可能になりました。また、皮むきと同時にアルコール除菌するシステムも開発され、より衛生的に干し柿が生産できるようになりました。

適期防除の指導
 良質な原料柿を確保するため、病害虫防除を徹底しています。特に難防除病害虫の円星落葉病やカイガラムシ類については、南信農業試験場や農業改良普及センターで調査に基づく発生予察情報が作成され、これに基づき適期防除が徹底されます。
市田柿コンクールの開催
 生産者間の切磋琢磨による品質や、加工技術の向上を目指し、毎年「市田柿(干し柿)コンクール」を開催しています。パック・トレーの部、化粧箱の部、バラの部の3部門で審査、最優秀賞として長野県知事賞や長野県園芸作物生産振興協議会長賞が贈られます。
市田柿コンクール審査風景
市田柿コンクール審査風景

市田柿コンクール審査風景
外観だけでなく、食味も含め総合的な品質を評価します
最優秀賞受賞干し柿(化粧箱の部、バラの部)
品質向上対策
品質基準を設け、粗悪品の流通防止に努めています。
消費者へのPR
 「市田柿」の販売促進PRなど、市田柿ブランドを広めると共に、地産地消の推進や、食育活動を関係機関連携して行っています。
粗皮削り現地実証試験の様子
PRキャンペーン
 柿むきやのれんづくりの実演、市田柿(個包装)やチラシの配布、アンケートやクイズを実施
現地調査の様子
市田柿料理実演会
 郷土料理研究家の横山タカ子氏による市田柿(干し柿)を利用した料理レシピの紹介

粗皮削り現地実証試験の様子
食育活動
 児童や園児対象におやつ作り体験の実施など、干し柿が苦手な子供達にも親しんでもらえるおやつを紹介